Machiya Magazine
Machiya Magazine A BLOG BY MACHIYA INNS & HOTELS

冬の飛騨高山で思い出を残そう。地元スタッフ一押しフォトスポット5選【2021年】 

12月に入り、だんだんと寒さを感じる時期となりましたが、今年の冬はどのように過ごされる予定でしょうか?

今年はご家族やお友達と一緒に、冬の風景が美しい飛騨高山の「写真が映えるフォトスポット」で思い出を残しませんか?
四季折々の表情を見せる飛騨高山で、THE MACHIYA HOTEL TAKAYAMAスタッフ一押しの冬しか見れないフォトスポット5選を紹介します。

 

1. 絵になるノスタルジックな冬の古い町並み

出典:飛騨高山観光公式サイト

高山の定番スポット「古い町並み」は江戸時代以来、城下町・商人町として発展したエリアです。講師の美しい木造建築のノスタルジックな街並みはただいるだけでも楽しめます。もちろん、観るだけではなく、高山グルメもたっぷり堪能できますよ。名物のみたらし団子、飛騨牛に五平餅、和スイーツも豊富です。
THE MACHIYA HOTEL TAKAYAMAからも徒歩圏内です。食べ歩きをしたり、散策したり、思い思いの時間をお過ごしください。

地元スタッフのおすすめポイント

人気観光スポットのため、人混みが気になるなら午前中がおすすめ。毎朝開催される宮川朝市を訪れたらそのまま古い町並みへ。まるでタイムスリップしたような、非日常感を感じられる街並み、グルメの食べ歩きは子供も大人も楽しめますよ。余裕があれば、レンタル着物を着てノスタルジックな町並みの一部に自分もなってみてはいかがでしょうか?

 

古い町並み
住所:岐阜県高山市上一之町ほか
JR高山駅より徒歩12分

 

 

2. 不思議がいっぱいの高山陣屋

出典:飛騨高山観光公式サイト

THE MACHIYA HOTEL TAKAYAMAから徒歩すぐの「高山陣屋」。フォトスポットとして有名な陣屋門は、冬は真っ白な雪に覆われ、春〜秋の高山陣屋とは全く違った雰囲気を味わえます。

高山陣屋は、元々江戸時代のお役所(代官所)であったとご存知ですか?飛騨高山が徳川幕府の直轄地になってからは、代官や郡代がきて飛騨の政治が行われました。今でも歴史を色濃く感じさせる史跡です。

地元スタッフのおすすめポイント

フォトスポットは陣屋門ですが、せっかくならそのまま施設見学がおすすめです。中に入らないと発見できない「高山陣屋」ならではの不思議がたくさんあります。例えば、館内の柱にはなんと150匹の「真向き兎(うさぎ)」のが施されていたり…。
なぜだろうと、考えながらうさぎを探すのも楽しそうです。その他にも襖や庭先を彩る「青海波」模様や当時の社会が感じられる仕掛けもたくさん。ご家族やお友達と一緒にぜひ陣屋の不思議を紐解いてみてください!

 

高山陣屋
住所:岐阜県高山市八軒町1-5
高山駅から徒歩10分

 

 

3. 一度は訪れたい白銀の雪の白川郷

出典:白川郷観光協会 写真提供:岐阜県白川村役場

ユネスコ世界遺産に登録されている「白川郷」は、現在も人々の生活が営まれている集落で約140棟の合掌造りが立ち並びます。昔ながらの人々の暮らしが今でも色濃く残り、文化が育まれている地域として高く評価されており、温かい日本の原風景が目の前に広がります。

冬の白川郷は、荘厳な合掌造りと真っ白な雪のコントラストが美しく冬にしか見られない風景に出会えます。一度は訪れてみたい特別な場所として人気のスポットです。

地元スタッフのおすすめポイント

雪深い白川郷の風景は小さな子供も大喜び。まるで昔話のような景色を楽しめます。
また、一息つきたいときは合掌造りの喫茶「落人」でゆっくりティータイムがおすすめです。まるで絵本に出てくるような店内には可愛らしいカップが数多く飾られ、温かい飲み物を注文すると好きなカップに注いでくれます。さらに囲炉裏のお鍋にあるぜんざいはとり放題!きりもりするご主人と奥様の、優しい人柄と温かい囲炉裏、ホットドリンクで心も身体も温まります。

 

白川郷
住所:岐阜県大野郡白川村荻町
「高山駅」より高速バスで50分 白川郷バスターミナル下車すぐ

落人
住所:岐阜県大野郡白川村荻町792
白川郷バスターミナルより徒歩約8分

 

 

 

4. まるでアートな雪の結晶と木々のコントラストが美しい。新穂高ロープウェイ

写真提供:新穂高ロープウェイ公式サイト

冬の穴場スポット「新穂高ロープウェイ」。岐阜県と長野県の県境にある奥飛騨温泉郷(おくひだおんせんきょう)から、標高2,156メートルの絶景スポットへ続きます。山頂の展望台からは「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に二つ星として掲載された大パノラマの絶景が広がります。

冬にしか見られない、雪化粧された木々や、枝に積もった雪はまるで白い華のよう。彫刻アートのように美しい景色は、冬の高山でしか見られない情景です。

地元スタッフのおすすめポイント

日本で唯一の二階建てロープウェイで気軽に標高2,000mの白銀の世界へ。地元スタッフとっておきの穴場スポットで、比較的混雑もなく、ひんやりとした空気と大自然を前にリフレッシュできること間違いなしです。帰りはビジターセンター内にある露天風呂「神宝乃湯」に立ち寄っても◎。

 

新穂高ロープウェイ
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉
「高山駅」より高速バスで1時間45分 新穂高ロープウェイ下車

 

 

5. タイムスリップしたかのような気分に。雪化粧された宮川中橋

出典:飛騨高山観光公式サイト

飛騨高山の町のシンボル的存在、「宮川中橋」。市内の中心部を流れる宮川にかかる橋で、春は桜の名所としても有名な橋です。夏は新緑、秋の紅葉、そして冬は綿あめのような白い雪と、赤い蘭橋のコントラストが目を惹きます。さらに夜はライトアップされ、幻想的な雰囲気になりいつ来ても魅了されること間違いなしのスポットです。

地元スタッフのおすすめポイント

THE MACHIYA HOTEL TAKAYAMAからは徒歩6分。古い町並みに行く途中にある橋なので、散策のコースに入れてみてください。フォトジェニックな1枚を撮るなら下流の筏橋がベストポジション。ホテルから近いので、小さなお子様連れの家族にも手軽に夜のライトアップをお楽しみいただけます。

宮川中橋
住所:岐阜県高山市神明町4丁目
JR高山本線「高山駅」から徒歩12分

 


 

いかがでしたか。今回は、冬にしか見られない飛騨高山のおすすめフォトスポット5選を紹介しました。小さなお子様がいるご家族から大人の家族旅行にもぴったりな、家族との大切な時間を思い出に残す写真スポットばかりではないでしょうか?

飛騨高山の古き良き町並みや文化、ゆったりとした自然をたっぷり楽しんだ後は、町家旅館をリノベーションしたる全14室のデザイナーズホテル「THE MACHIYA HOTEL TAKAYAMA」で、旅のお疲れをゆっくりと癒したいところ。

ご家族でご利用いただくのに最適な貸切風呂があり、ヒノキの清々しい香りに包まれ飛騨高山の大自然の中にいるような気分でリラックス、旅のお疲れをいやしていただけます。

貸し切り風呂は2タイプがあり、ひとつは、地元飛騨産のヒノキの板を使ったお風呂。窓からは坪庭が眺められ、まるで森林浴をしているかのような気分に。もうひとつは、「飛騨大鍾乳洞」を彷彿とさせるお風呂。洞窟の中で入浴しているような非日常の雰囲気を満喫いただけます。いずれの浴室も広々とした空間で、浴槽にはヒノキボールが浮かべられヒノキの香りが漂います

 

ティーラウンジ前には、美しい景観を取り込む大きな坪庭が広がります。ラウンジには岐阜産の茶葉をご用意。ご宿泊されたお客様には地元のお茶の飲み比べをお楽しみいただけます。坪庭の緑を眺めながら旅先でのホッとするひとときをお過ごしください。

 

客室は、それぞれ異なる5タイプの客室が14室。豪華なヒノキ風呂付、和室や多人数向きのタイプも。すべてのお部屋に浴室かシャワールームを備えます。また、同じタイプのお部屋でも色調・デザインやレイアウトが少しずつ異なります。部屋にシャープな華やぎを添える「青海波」のアートにもご注目ください。「青海波」は和の伝統文様で、ホテル近くの「高山陣屋」の襖や壁にも施されているおめでたい文様です。旅の人数や目的に合わせて、隣同士のお部屋や和室のお部屋のご予約なども承ります。気軽にご相談ください。

詳しくはこちら☞ URL: https://www.machiya-inn-japan.com/takayama/mh-takayama/ja/

 

 

 

 

投稿日:2021-12-17
カテゴリ:
タグ: , , , , , , , ,
MACHIYA INNS & HOTELS(町家インズ&ホテルズ)は、
京都や金沢の伝統家屋である「町家(町屋)」や古民家をリノベーションした宿泊施設です。
お一人様、カップル、ご家族、グループ、様々なシーンで、日常のようにリラックスしながら、
伝統的な趣ある非日常の空間をお楽しみください。 町家インズ&ホテルズ公式サイト