Machiya Magazine
Machiya Magazine A BLOG BY MACHIYA INNS & HOTELS

【夏の飛騨高山観光】地元スタッフ
おすすめの岐阜県高山周辺ドライブ

夏の飛騨高山に訪れたことはありますか?

平成の市町村大合併で面積が東京都とほぼ同じくらいの大きさになった岐阜県高山市。北は飛騨市、東は富山県と長野県に隣接しており、西は石川県と福井県に県境を接しています。土地の多くは山林で全国的に有名な山や峠があり、あまり知られてませんが見応えある滝も数多くあります。
今回は飛騨高山の観光として、カップルでも、ご家族でも少しアクティブに夏の自然を楽しめる、高山市中心部より1時間程度のドライブで行けるスポットをご紹介します。


1. 夏の新穂高ロープウェイを楽しむ!荒神の湯でゆったり

写真:高山市観光公式サイトより

高山市中心部から北へ約1時間ほどで新穂高ロープウェイに到着します。高山からの道中、いくつか飛騨野菜直売所があるので寄り道をしながら行くのがおすすめ。
新穂高ロープウェイの第2ロープウェイは日本で唯一の2階建ゴンドラです。新穂高温泉口駅より乗り換え含め約25分で標高2,156mの西穂高口駅に到着。頂上駅にある展望台から見る北アルプスの山々の眺めは、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に2つ星として掲載されました。
途中駅の鍋平高原駅・しらかば駅周辺の軽い散策程度であれば運動靴で十分ですので、気軽に足を運べます。

地元スタッフのおすすめポイント

標高2,000mからの絶景を楽しめる新穂高ロープウェイ。北アルプスの山々を一望し、爽快な気分に。夏山を満喫し、散策で汗をかいたら帰りに温泉に立ち寄ることをおすすめします。
新穂高ロープウェイより10分ほど車を走らせると「荒神の湯」と呼ばれる地元の方々が管理している温泉があります。ここは露天風呂も更衣室も男女別なので安心して利用出来ます。目の前に川が流れていて、奥飛騨の山々を見ながら入れる露天風呂なので解放感抜群。自然の中でのんびりリフレッシュできます。

ロケーション&概要

新穂高ロープウェイ
営業時間:8:30 – 16:00
定休日 :無休
住  所:〒506-1421 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂710−7
お問合せ:0578-89-2252
アクセス:高山市中心部より1時間ほど
駐車場 :あり ※有料駐車場をご利用ください。

荒神の湯
営業時間:8:00 – 22:00(月・水・金は清掃の為12:00より営業)
定休日 :無休
住  所:〒506-1423 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾
お問合せ:0578-89-2614 (奥飛騨温泉郷観光協会)
アクセス:高山市中心部より1時間ほど
駐車場 :あり
※清掃協力金あり(目安200円ほど)


2. 大自然の中でプチハイキング。飛騨三大名爆平湯大滝と足湯

写真:Photo AC より

日頃の疲れやストレスには、マイナスイオンがたっぷりと出る滝が体に良い影響を与えるそうです。
中部山岳国立公園にある平湯大滝は飛騨三大名瀑の一つで、日本の滝百選にも選ばれてます。平湯大滝公園から徒歩15分ほどで着くので、川のせせらぎを聞きながらプチハイキングを楽しみましょう。途中いくつか撮影スポットがあり、SNS投稿でも人気を集めています。
毎年2月に行われる平湯大滝結氷まつりが有名ですが、高さ64mから真っ直ぐ落ちる夏の滝も圧巻ですよ。

地元スタッフのおすすめポイント

このエリアはキャンプ、ピクニックとアウトドア向けのおすすめスポットがたくさんあります。特におすすめは、平湯バスターミナルに併設されている「アルプス街道平湯」内の足湯。こちらの足湯は売店のソフトクリームを食べながら入れるんです。手に持ったソフトクリームを味わいながら足はゆったりお湯につけて、最高のひとときをお過ごしください。

ロケーション&概要

平湯大滝
営業時間:9:00 – 17:00(時期により異なる)
定休日 :無休
住  所:〒506-1421 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯
お問合せ:0578-89-2614 (奥飛騨温泉郷観光協会)
アクセス:高山市中心部より45分ほど
駐車場 :あり 

 

アルプス街道平湯
営業時間:8:30 -17:30(冬季営業時間8:30 – 16:30)
定休日 :無休
住  所:〒506-1423 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯628
お問合せ:0578-89-2611 
アクセス:高山市中心部より45分ほど
駐車場 :あり

 


3. 夏の花といえば、アルピコひまわり園

写真:高山市観光公式サイトより

高山市中心部から約30分のところにある「ひだ舟山スノーリゾートアルコピア」では、毎年8月の上旬から中旬にかけて、ひまわり園がオープンします。
約20万本のひまわりが、冬はゲレンデとして使われる1ヘクタールの土地に植えられています。広大なゲレンデの緑と山の緑に囲まれたひまわりの黄色い花が印象的です。ひまわりはハイブリッドサンフラワーという人の背丈まで成長する大きな品種なので、写真映えすること間違いなし!

地元スタッフのおすすめポイント

ここでは毎年夏にイベントが開かれてます。昨年は地域の特産品販売やマルシェ、それにフォトコンテストも開催されました。特に地元・久々野町の新鮮な野菜の販売がおすすめです。地元住民の方との交流を楽しみたい方もぜひ訪れてみてください。

ロケーション&概要

開花時期:毎年8月上旬位
営業時間:9:00 – 16:00
住  所:〒509-3214 岐阜県高山市久々野町無数河4141
お問合せ:0577-52-2270(ひだ桃源郷くぐの観光協会)
アクセス:高山市中心部より30分ほど
駐車場 :あり
※協力金あり(2021年度は300円程度)


4. 絶好の写真スポット!13の個性溢れる滝、宇津江四十八滝

写真:高山市観光公式サイトより

全国自然100選地、岐阜県名水50選地に選定された秘境宇津江四十八滝は高山市中心部より車で約25分。文字通り48の滝ではなく、「よそ八」という青年の伝説があることからこの名前がつきました。実際は名前の付いた滝が全部で13あります。
一つ目の滝から最上流の滝までおよそ1時間ほど、下りも含めるとだいたい1時間半から2時間程度。道は整備されてますが運動靴を履いて出かけましょう。

地元スタッフのおすすめポイント

宇津江四十八滝で一番のおすすめは5番目の上段滝です。別名夫婦滝とも呼ばれ、二つの滝が見事に流れ落ちます。滝のそばに祀ってある四十八滝不動明王と流れる二本の滝のコントラストが本当に素敵で、古から時が止まっているような感覚になります。この美しい13の滝の中から自分好みの滝を見つけてみて下さい。

ロケーション&概要

営業時間:特になし(冬季は雪のため滝巡り不可)
定休日 :無休
住  所:岐阜県高山市国府町宇津江3235-86
お問合せ:0577-72-3948(宇津江四十八滝総合案内所)
アクセス:高山中心部より25分ほど
駐車場 :あり 
※清掃協力金あり(2021年度は大人200円、小人100円)


5. 絶景を楽しむトレッキング、上高地

写真:©︎上高地観光旅館組合

上高地北アルプスに囲まれた景勝地・上高地。高山中心部からはバスで1時間半ほどの標高1500mの高地にあり、夏でも涼しく過ごせます。
まず上高地についたら「河童橋」へ。河童が住みそうなほど深そうな渕があったからこの名がついたともいわれ、芥川龍之介の小説「河童」の舞台ともなりました。
アルプスの山々を背後にした趣ある橋の姿は絶好の撮影スポット。ここからは上高地や梓川の風景を楽しみながら大正池への散策がおすすめです。履きやすい靴をご用意ください。

写真:©︎上高地観光旅館組合

地元スタッフのおすすめポイント

大正時代、火山が噴火したことによって形成された大正池。池に残る立ち枯れた木々が別の世界にトリ大正時代、火山が噴火したことによって形成された大正池。池に残る立ち枯れた木々が別の世界にトリップしたような神秘的な雰囲気を醸し出します。
河童橋から大正池までは約4㎞、1時間半ほど。梓川の清流と深い山並みが美しい道のりで、撮影のために足がとまることもしばしば。大自然を満喫しながらトレッキングをお楽しみください。帰りは大正池のバス停からシャトルバスへ乗車が便利。

ロケーション&概要

営業時間:特になし
定休日 :無休
住  所:長野県松本市
お問合せ:0263-95-2433
アクセス:高山市中心部より90分ほど
駐車場 :高山市方面からはあかんだな駐車場(マイカー1日600円)からシャトルバスまたはタクシーなどを利用


あとがき

今回は高山市中心部から1時間程度で行ける自然とアクティビティにフォーカスしましたが、他にも夏のおすすめスポットはたくさんあります。山地のため涼しく過ごしやすい気候の中、カップルでもご家族でもゆったりと美しい自然を満喫できますよ。大自然に癒された後は高山市内に戻って古い町並みでグルメを堪能するのもよいですよね。
そして、高山の伝統的な雰囲気が味わえる町家を改装したホテルや一棟貸しへの宿泊がおすすめです。ゆったりと汗が流せる飛騨高山産のヒノキを使った檜風呂付きのお部屋や、癒しの最新家電が備わった貸切風呂もございます。ぜひ夏の飛騨高山旅行をお楽しみください!

《飛騨高山旅行におすすめの宿》

THE MACHIYA HOTEL TAKAYAMA
定員:1~5名様岐阜県・高山市にあるデザイナーズ町家ホテル。高山駅徒歩圏内。旅の人数や目的にあわせて選べる6タイプのお部屋。癒しの家電・アメニティの充実した2つの貸切風呂。地元岐阜県の茶葉が飲み比べできるご宿泊のお客様限定のティーラウンジも。 詳細はこちら
一棟貸し町家・離れTHE MACHIYA HANARE
定員:~4名様1日1組限定・完全プライベートな一棟貸し町家。飛騨高山を流れる宮川の畔り、古い町並みエリアにあり観光アクセス抜群!自炊のできるキッチン、ヒノキ風呂付きの浴室。飛騨高山の伝統と自然に触れる「町家(町屋)暮らし」をご体験ください。 詳細はこちら

投稿日: 2022/04/22、 更新日:
カテゴリ:
タグ: , , , , , , , , , , , , ,
MACHIYA INNS & HOTELS(町家インズ&ホテルズ)は、
京都や金沢の伝統家屋である「町家(町屋)」や古民家をリノベーションした宿泊施設です。
お一人様、カップル、ご家族、グループ、様々なシーンで、日常のようにリラックスしながら、
伝統的な趣ある非日常の空間をお楽しみください。 町家インズ&ホテルズ公式サイト